ラグビー・トップリーグの強豪、パナソニックは12日、八幡平市内で春季合宿をスタートした。3季ぶりの日本選手権制覇に向けて熱のこもった練習を繰り広げている。

 日本代表に招集されている11選手を除く選手、スタッフ約50人が参加。11日夕に同市入りし、12日は同市松尾寄木の市ラグビー場で約3時間、ラインアウトからの連係プレーなどを確認した。

 滝沢市出身のSH高城佑太(盛岡工高-関東学院大)は「昨季は公式戦に出られなかった分、プレー時間を増やしてチームの日本一に貢献したい」と意欲を燃やした。