北東北大学野球春季リーグ1部は6日、八戸市の八戸東球場で3試合が行われ、富士大は延長十一回タイブレークの末、青森大(青森)に2-5で敗れて初黒星を喫した。開幕からの連勝も5でストップ。6連勝の八戸学院大(青森)が単独首位に立った。

 富士大は十一回、1死一、二塁から失策で勝ち越し点を献上すると、連打を浴びてさらに2点を失った。打線は六回、丹野涼介(3年、北海道・北海)の本塁打で同点に追い付いたが、あと一本が出ず、先発上島迅翔(4年、東京・修徳)、2番手佐々木健(4年、青森・木造)を援護できなかった。