【東京支社】国際リニアコライダー(ILC)計画について議論する国際学会アジア・リニアコライダー・ワークショップ(ALCW)2018は28日から6月1日まで、福岡市で開催される。計画実現に向け共同声明の発表も予定している。

 九州大、高エネルギー加速器研究機構(KEK)が主催し、ILC計画を推進する国際研究者組織リニアコライダー・コラボレーション(LCC)などが共催する。アジア、欧州、北米の持ち回りで毎年開催され、今回は約220人の研究者が参加を予定している。

 ILCの加速器や測定器の設計・開発状況、物理研究の現状について最新の成果に基づき議論を行う。計画実現を促すために参加者とLCCによる共同声明についても協議し、発表する方針だ。