6月2、3両日に盛岡市中心部で開かれる東北絆まつりに向け、東北と京都市の30法人・施設で障害者が作った商品の販売会が25日から、盛岡市の盛岡駅ビルフェザンで開かれる。祭りにちなんだ商品もそろえ、機運を高める。6月4日まで。

 同市上堂の子ども服販売店「ミルクグラスクローゼット」(山内まどか代表)が開催。「ジャム・ウィズ・ブリリアント」と銘打ち、雑貨や木工品、菓子など約300点を販売する。

 同市の「幸呼来(さっこら)Japan」が盛岡さんさ踊りの浴衣で作った「さんさ裂き織り」、青森市のNPO法人ハートスポットが手掛けた土産品「金魚ねぶた」など祭り関連の商品も並ぶ。

 入場無料。午前10時~午後8時半。