釜石市嬉石(うれいし)町の白山(はくさん)小(千葉愛子校長、児童32人)は17日、同校の水田で田植えを行い、5年生9人が泥だらけになって昔ながらの農作業を体験した。

 大船渡農業改良普及センター職員から説明を受けた後、約1・5アールの水田にヒメノモチの苗を一つ一つ手作業で植えた。はだしになって田んぼに入った児童たちは泥の感触を楽しみながら、丁寧に緑の列をつくった。

 初めて体験した成田彗七(せいな)君は「泥がぬるっとしていて転びそうになったがうまくできた。大切に育てたい」と汗を拭った。