【東京支社】8月19日に行われる釜石市の釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムのオープニングイベントの概要が15日、東京都内で発表され、釜石シーウェイブス(SW)RFCがトップリーグのヤマハ発動機と記念試合で対戦する。

 発表記者会見には、日本ラグビー協会の森喜朗名誉会長や鈴木俊一五輪相(衆院岩手2区)、野田武則釜石市長らが出席した。

 釜石SWは2011年6月、震災後初のホーム戦でヤマハ発動機と対戦した経緯で今回招待した。釜石SWの桜庭吉彦ゼネラルマネジャー兼監督は「ラグビーW杯に弾みがつき、震災復興につながる試合にしたい」と抱負を述べた。