花巻猟友会(藤沼弘文会長)などは11日、花巻市大通りのなはんプラザで花巻ジビエを楽しむ会を開き、約250人が野生動物の命に感謝しながら珍しい味に舌鼓を打った。

 ジビエ肉は北海道産などを使用。同猟友会員らが調理したエゾジカのシチューやクマ汁、イノシシのカツなどの肉料理が並び、山菜やチーズも振る舞われた。

 友人同士で参加した同市南万丁目の会社員梅木春奈さん(26)と同市桜台の会社員佐々木菜子さん(25)は「料理のレパートリーも多いし普段から食べたいくらいおいしい。もっと日常的に食べられる場所が欲しい」と声をそろえた。