第65回春季東北地区高校野球県大会の地区予選は9日、北奥地区で敗者復活代表決定戦1試合が行われ、新たに黒沢尻北が県大会に名乗りを上げ、代表30校が出そろった。

 黒沢尻北は序盤から得点を重ね、水沢一に6-0で快勝。3年ぶりに県大会進出を決めた。

 県大会は17日、一関市の一関運動公園球場で開会式が行われ、18日から同球場、同市の東山球場、金ケ崎町の森山総合公園球場の3会場で熱戦を繰り広げる。組み合わせは10日に決まる。