県警は13日から、移動式の速度違反取り締まり装置(オービス)による取り締まりを始める。これまでオービスの設置は幹線道路や高速道に限られ、住宅街や狭い道路での取り締まりは違反車両の停止場所を確保できず対応が難しかった。〝神出鬼没〟の取り締まり装置で、通学路や生活道路の安全を守る。

 県警は本年度、移動式オービスを1台導入。重さ約30キロ、高さ約1・5メートルで、1人で設置し運用できる。レーザースキャンセンサーで速度を計測し、超過した車の運転席やナンバープレートを自動撮影し、後日に運転者を呼び出して違反切符を切る。