盛岡市大通のサンビル内で営業していた「まちの驛(えき)もりおか さんさん広場」は16日、同市中ノ橋通のプラザおでって1階の屋外スペースに移転オープンした。「まちなか産直」として親しまれる施設で、初日から多くの市民が訪れ、新鮮な野菜や果物など目当ての品を買い求めた。

 市内の神子田(みこだ)朝市に出店する生産者ら約100人が、農産品や加工品を販売。ネギやホウレンソウ、イチゴなど新鮮な農産物が安値で並び、多くの買い物客でにぎわった。

 営業時間は午前10時~午後6時半。第2火曜定休。