久慈市侍浜町の若者農家団体「フレッシュやさい・侍」(船渡(ふなわたり)健一代表、6人)は処分に困っていた規格外のホウレンソウや菌床シイタケの格安販売を始めた。地産地消にこだわり、地元貢献につながる活動を模索する中でひらめき、侍浜市民センター車庫で14日、初開催した。本年度は冬期間を除く毎月1回の定期販売を予定している。

 14日はホウレンソウが1束200グラムで80円、菌床シイタケは180グラム入り1袋100円で販売した。同センター発行の便りなどで事前告知したこともあり、午前9時の「開店」から地元住民が続々と訪れ、幸先のいいスタートを切った。

 近くに住む曲道(まがりみち)栄子さん(72)は「野菜が高いので格安販売はありがたい。これからも続けてほしい」と新たな試みを歓迎した。