三陸鉄道(本社宮古市、中村一郎社長)は、JR東日本から運営移管される山田線宮古―釜石間(55・4キロ、運休中)について、2019年3月23日に運行開始する方針を固めた。28日の取締役会で報告するとみられる。三鉄は久慈-盛(大船渡市)間を一貫経営する形となり、国内第三セクター鉄道で最長の「リアス線」(163・0キロ)として再出発する。

 関係者によると、宮古-釜石間の運行開始日には現地で出発式などを予定する。通学利用者の新学期が始まる時期などを考慮して日程を定めた。

 JR盛岡支社によると、運休区間は今年秋ごろまでに主要な復旧工事を終える見通し。来年3月まで検査や試運転などを行い、三鉄に移管する。

 JR東日本からの移管協力金30億円は運営支援や運賃の激変緩和措置などに充てる。このほか、同社から車両購入費14億円を提供され、車両8両を購入する。