大相撲春場所3日目(13日・エディオンアリーナ大阪)盛岡市出身で西前頭14枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は東17枚目の碧山にはたき込みで敗れ、初黒星を喫した。

 立ち遅れた錦木は碧山のもろ手突きで上体が起きた。続く相手のはたきに大きくバランスを崩し、こらえ切れずにそのまま土俵下へと転がった。

 4日目は東13枚目の大翔丸とぶつかる。