8日の県内は、強い冬型の気圧配置で曇りや雪となり、上空に真冬並みの寒気が入ったため36地点中13地点で真冬日となった。県と県スポーツ振興事業団(熊谷俊巳理事長)は盛岡市みたけの県営スケート場(千葉秀樹場長)で氷上フェスティバルを開催し、多くの人でにぎわった。

 アイスホッケーのシュートゲームや氷上50メートルスケート徒競走、無料レッスンなどを開催。寒さにもかかわらず、汗を流す子もいた。高学年の徒競走で優勝した滝沢二小5年の内村勇次君は「ぎりぎりだったけど友達に勝てた」と喜んだ。