県は、盛岡市内丸の盛岡地区合同庁舎の医療局棟1階を改修し、県職員らを対象にした庁内保育所を設置する。定員は18人で、一般家庭の受け入れ枠(最低5人)も設ける。子どもの預け先がなく復職できない職員もいたため、子育てしやすい環境整備を進める。2021年4月の開所を目指す。

 対象は0~2歳児で、県職員向けの受け入れを12人程度、県職員を除く一般家庭から6人程度と想定。保育士は常時5人程度が勤務し、運営する民間事業者を今後公募する。

 19年度から医療局棟1階の約200平方メートルの改修工事に着手し、保育室や調理室、子ども用トイレなどを整備するほか、周辺には園庭を設ける。今後、詳細設計を進め、事業費を詰める。