西武の源田壮亮内野手が4日、メットライフドームで契約更改交渉し、ほぼ倍増となる3900万円増の年俸8千万円でサインした。セ、パ両リーグで初めて新人から2シーズン連続全試合フルイニング出場を達成し「リーグ優勝したチームの遊撃手として1年間出られたのが自分の中で大きい」とうなずいた。

 海外フリーエージェント(FA)権を行使して残留した中村剛也内野手は現状維持の年俸2億8千万円で更改。外崎修汰内野手(富士大)は4300万円増の年俸7千万円で更改し「想像していなかったので、びっくりした」と喜んだ。