ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は2日、ロシアのニジニタギルで個人第5戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が行われ、22歳の小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)が今季、通算ともに3勝目を挙げ、個人第1戦から5戦連続で表彰台に立った。1回目は132・5メートル、2回目は133・5メートルでともにトップの得点をマークし、合計273・1点で圧勝した。

 小林陵は今季の個人戦開幕戦で自身初の表彰台となる3位に入ると、第2、3戦で連勝。第4戦も3位となり、個人総合でトップに立っている。

 中村直幹(東海大)は18位、小林潤志郎(雪印メグミルク、盛岡中央高-東海大)は19位、伊東大貴(ともに雪印メグミルク)は23位。葛西紀明(土屋ホーム)は34位、竹内択(北野建設)は39位で、ともに2回目に進めなかった。

(共同)

予選、本戦全てトップ 第5戦

 表彰台の中央が指定席になりつつある。小林陵侑は予選を首位で通過すると、本戦でも2回とも1位の得点を記録。安定感は群を抜いている。

 本戦1回目は踏み切りのタイミングが遅れたという。それでも「風に助けられた」と132・5メートルまで伸ばして首位に立つと、2回目は「集中して飛ぶことができた」と飛距離をさらに1メートル伸ばした。着地を決めた時点で優勝を確信できる好飛躍で、2位のフォルファン(ノルウェー)に飛距離換算で7・5メートル以上の得点差をつけた。