スポーツ用品大手アシックス(神戸市、広田康人社長)は2日、米大リーグに挑戦するプロ野球西武の菊池雄星投手(27)=花巻東高、盛岡市出身=を同市内丸の県公会堂に招き、チャリティートークショーを開いた。参加者は夢に向かって努力する菊池投手の姿から感銘を受けた。

 中高生ら約100人を招待。菊池投手は幼少期については「4人きょうだいで、お金が窮屈な中で野球など多く習い事をさせてもらった。プロ野球選手になって親に恩返ししたいと思った」と振り返った。

 会場の野球少年からは「対戦して興奮した打者は」「けがとの向き合い方は」などの質問が飛び交い、菊池投手は「同級生の筒香嘉智選手(DeNA)。パワーや確実性がある半端ない選手」「けがを乗り越えれば、より成長できるという気持ちを持つようにしている」と応じ、後輩たちにエールを送った。