【東京支社】第97回全国高校サッカー選手権は30日、東京・駒沢陸上競技場で開幕した。開会式で本県代表の遠野(6大会連続28度目)はきびきびと行進し、31日の初戦に向け気持ちを高ぶらせた。

 前回優勝の前橋育英(群馬)を先頭に都道府県代表の48校(東京は2校)が北から順に入場。遠野は旗手の及川幸毅(3年)を先頭に、太田竜雅主将(同)が県大会の優勝旗を掲げた。選手たちはメインスタンドに手を振りながら歩を進めた。

 開会式後の1回戦で、那覇西(沖縄)が1-1で迎えた駒大高(東京B)とのPK戦を10-9で制し、2回戦に進んだ。

 第2日の31日は、首都圏8会場で1回戦の残り15試合を実施。遠野は東京都北区の味の素フィールド西が丘で岡山学芸館(2大会ぶり2度目)と対戦する。午後0時5分キックオフ。