二戸市などは29日、同市石切所のJR二戸駅で首都圏からの帰省客を出迎える催しを展開した。同市のご当地キャラクターの亀麿(かめまろ)くんや九戸政実(まさざね)武将隊も参加し、おもてなしの心で古里の魅力を発信した。

 市職員ら約20人が参加。下り新幹線の到着とともに「お帰りなさい」と声を掛けながら、南部せんべいや政実の缶バッジを手渡した。家族連れらはキャラクターとの写真撮影を楽しんだ。催しに合わせて市は、駅通路に移住定住や地元企業を紹介するパネルを設置して地域をPRした。

 催しは年末年始やお盆期間に毎年開催。来年1月3、4の両日は市職員が帰省客をお見送りする。