プロ野球西武は菊池雄星投手(27)=花巻東高=が米大リーグに移籍するためのポスティングシステムの申請手続きを日本野球機構(NPB)に行ったと3日、発表した。西武によると、NPBから米大リーグ機構(MLB)への通知も完了しているという。MLBが全30球団に契約可能選手と通知した翌日の米東部時間午前8時から30日間交渉できる。

 菊池投手は海外フリーエージェント(FA)権の資格を満たすのは早くても2020年のシーズン中で、今オフに移籍するためには球団の了承を得てポスティング制度を利用する必要があった。