ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は2日、ロシアのニジニタギルで個人第5戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が行われ、22歳の小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)が合計273・1点で、今季、通算とも3勝目を挙げた。表彰台は個人第1戦から5戦連続。1回目は132・5メートル、2回目は133・5メートルで、2回ともトップの得点をマークした。

 中村直幹(東海大)は18位、小林潤志郎(雪印メグミルク、盛岡中央高―東海大)は19位、伊東大貴(雪印メグミルク)は23位。2回目に進めなかった葛西紀明(土屋ホーム)は34位、竹内択(北野建設)は39位だった。

(共同)