ノルディックスキー・ジャンプ男子で年末年始恒例のジャンプ週間は30日(日本時間31日未明)から来年1月6日までドイツ、オーストリア各地でワールドカップ(W杯)を兼ねて行われる。今季個人戦7戦4勝の22歳、小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)が1997~98年シーズンの船木和喜(フィット)以来、日本勢2人目の総合優勝を狙う。

 総合は4大会計8回の飛躍の合計得点で争われるため、1回でも大きなミスをすると苦しくなる。小林陵は今季、助走路のフォームを修正して大飛躍を連発し、個人総合トップを走る。表彰台を逃したのが、わずか1戦だけと安定感が群を抜いており、期待は高まる。