一戸町は24日、同町の町コミュニティセンターで、動画投稿サイト「ユーチューブ」の動画づくりを楽しむユーチューバー体験講座を初めて開いた。子どもたちがタブレット端末を使い、洗剤などを使ったスライム作りの実験を紹介する動画作りに挑戦し、向学心を高めた。

 町内の小学生36人が参加。東京都のIT関連会社ジブンスタイルが運営する学習支援コミュニティ「文花Lab(ぶんからぼ)」のワークショップデザイナー小西智枝美さん(26)が指導した。

 小西さんは「誰に見せたいか、どんな内容を伝えたいかを考え、リアクションも工夫しよう」と助言。子どもたちは自己紹介から実験の結果まで4場面に分けたせりふを考え、2人一組で動画を撮影した。編集して保存した動画は、保護者へメールで送信した。