花巻市は23日、同市大通りのなはんプラザに劇団わらび座(秋田県仙北市)を招き、ミュージカル「セロ弾きのゴーシュ」を上演した。来場者約210人は花巻市出身の宮沢賢治作品に触れながら、歌や踊りを楽しんだ。

 賢治作品の顕彰と芸術文化の振興を目的に開催。物語はチェロの演奏が下手だったゴーシュが、毎晩訪れるカッコウやネズミの助言で、表現力などを身に付けていく内容。

 出演者3人が入れ代わり立ち代わり役を演じ、テンポ良く展開。会場全体に響くきれいな歌声で計17曲を歌い、観客を賢治の世界に引き込んだ。