サッカーの第42回全日本U-12選手権は26日から4日間、鹿児島市の白波スタジアムなどで行われ、全国の48チームが頂点を争う。本県代表のヴェルディスクール岩手U12(初出場)は予選突破を目標に一戦必勝を期す。

 チームのモットーは「全員守備、全員攻撃」。佐々木稜希(北上・黒沢尻北小6年)、岩舘奏佑(一関・赤荻小6年)、阿部蓮志(同)、高橋蒼(北上・黒沢尻東小6年)らの活躍に期待が掛かる。

 4チーム総当たりの1次ラウンドが行われ、各組1位と2位の上位4チームの計16チームが決勝トーナメントに進む。ヴェルディは1次ラウンドで、スリーエスFC(山口)、東京ヴェルディ(東京)、北海道コンサドーレ札幌(北海道)と対戦する。