ボクシングの第17回全日本女子選手権最終日は24日、長崎県立総合体育館で各階級の決勝が行われ、県勢はジュニアの部ライトウエルター級の住吉こゆき(専大北上高1年)が前田ルナ(神奈川・横浜総合高)に2回RSC負けを喫して準優勝となった。