スポーツクライミングの第9回全国高校選抜選手権最終日は23日、埼玉県の加須市民体育館で男女リードの準決勝、決勝が行われ、県勢は唯一予選を突破した男子の中島大智(盛岡南3年)が7位に食い込み、初入賞を果たした。各校上位2人で争う学校別成績の男子では、中島と石嶋魁人(3年)の盛岡南が48・5点で5位となった。中島は準決勝で完登を逃し、6位通過。上位8人による決勝も途中で落下し、7位となった。

成長を示し初入賞

 3回目の挑戦で初めての決勝進出と入賞にも男子の中島大智(盛岡南3年)は「うれしさも悔しさもある」と相半ばする胸の内を明かした。

 昨年も予選は1位で通過しながら、準決勝は9位で落選。今回は準決勝で6位と踏ん張れたことが成長の証しとなった。