【大阪支社】全国高校駅伝は23日、京都市の西京極陸上競技場発着のコースで行われ、第69回の男子(7区間、42・195キロ)は倉敷(岡山)が2時間2分9秒で2年ぶり2度目の優勝を飾った。世羅(広島)が2位で、学法石川(福島)が3位。昨年優勝の佐久長聖(長野)は5位だった。

 倉敷は3区でキプラガットが8位からトップに躍り出た。一時は2位に下がったが、6区で石原が再び首位に立ち、世羅との競り合いを制した。

 第30回の女子(5区間、21・0975キロ)は神村学園(鹿児島)が1時間7分25秒で25度目の出場で初制覇。長野東が2位、2連覇を狙った仙台育英(宮城)は3位。

女子 盛岡誠桜の1区菊池留梨(奥)が2区水野紗奈にリレーする=京都市・平野神社前

 神村学園は5区で、トップと31秒差の5位でたすきを受けたタビタが逆転し、2位に26秒差をつけてゴールした。

 県勢は男子の一関学院(24年連続28度目)が2時間8分28秒で20位、女子の盛岡誠桜(12年連続12度目)は1時間13分34秒で44位だった。

 一関学院は1区小倉朝陽(あさひ)主将(3年)が首位と1分5秒差の19位でリレー。2区佐藤友治(2年)は17位、3区及川瑠音(るおん)=3年)は16位と順位を上げた。4、5区は18位で踏ん張ったが、6、7区で後退し、2年連続の入賞を逃した。

 盛岡誠桜は1区菊池留梨(2年)が40位でつないだが、2区で49位に下げた。3区米沢希(同)が46位に浮上すると、4区若狭莉依奈(りいな)(同)は44位に押し上げ、5区は順位を維持してゴールした。