奥州市江刺伊手の越路スキー場、同市胆沢若柳のひめかゆスキー場、同市衣川長塚の国見平スキー場は22日、今季の営業を開始した。例年に比べて積雪が少ないが、家族や仲間と初滑りを楽しむ人でにぎわった。

 約30センチの雪が積もったひめかゆスキー場は、積雪量が少ないため一部のゲレンデのみ営業。今季は土日、祝日の小中学生のリフト1日券を無料にするなど、親子連れ向けのサービスに力を入れる。

 営業期間は越路、ひめかゆは来年3月3日まで、国見平は同10日まで。

 営業時間はひめかゆ、国見平は午前9時~午後4時、越路は午後4時半まで。