佐渡裕指揮シエナ・ウインド・オーケストラ演奏会2018(北上市文化創造など主催)は22日、同市さくら通りのさくらホールで開かれた。公演を前にリハーサルが無料公開され、市民らが世界的指揮者の佐渡さんと交流した。

 約200人が観覧。本番前の仕上げを間近で見た後、佐渡さんが観覧者からの質問に答えた。「息を合わせる時に大切なことは」に対し「みんな違うことが前提で、周りの呼吸を感じて何を考えているか耳を傾けること」、「自分が指導する際、正しいアドバイスをしているか分からなくなる」には「答えがないのが正解。意見はどんどん言うべき」と助言した。

 公演は同市の北上信用金庫が創立70周年を記念して特別協賛。満員の約1400人が来場した。