【東京支社】レスリングの全日本選手権は20日、東京・駒沢体育館で開幕して男女計13階級が行われ、本県関係選手は男子フリースタイル125キロ級の金沢勝利(自衛隊体育学校、種市高-山梨学院大)が準決勝で田中哲矢(自衛隊体育学校)に2-1で判定勝ちし、21日の決勝に進んだ。

 金沢は1回戦で藤本歩(山梨学院大)をテクニカルフォールで下し、準々決勝も山本泰丈(日大)にテクニカルフォール勝ちした。女子72キロ級の鈴木華恋(日体大1年、宮古商高)は棄権した。