市長の政治スタンスは本当に中立? 19日の滝沢市議会一般質問で、11月に就任した主浜了市長が掲げるキャッチフレーズ「市民の生活が第一」を巡って論戦が交わされた。

 自民系会派・滝政会の武田哲氏は自由党の小沢一郎代表がかつて率い、主浜市長も参院議員時代に属した野党「国民の生活が第一」を連想させるフレーズだとして真意をただした。

 主浜市長は市長選出馬に当たり、自由党県連代表代行を辞任したことに触れ「各党から支持は受けていない。さまざまな人から意見は聞いたが、政策協定は結んでいない」と中立を強調した。

 武田氏が市の財政難を念頭に「国とのパイプが非常に重要だ」と野党色を醸し出すことに懸念を示すと、主浜市長は「与党、野党にかかわらず、市民生活のために必要であれば何でもやる」と述べた。