東日本大震災で大槌町職員だった家族を亡くし、死亡状況の説明や真相解明までの旧役場庁舎の解体中断などを求めていた遺族は19日、町役場で平野公三町長と面談した。平野町長は当時の状況について「しっかり向き合い調査する」としたが、解体と調査は別問題として「中止は考えていない。粛々と進める」と強調した。遺族は「真摯(しんし)に向き合うのであれば立ち止まり、声を聞くことが誠意ではないか」と訴えたが、議論は平行線をたどった。

 震災で犠牲になった町職員小笠原裕香(ゆか)さん=当時(26)=の父人志さん(66)と母吉子さん(66)=釜石市鵜住居(うのすまい)町、同前川正志さん=当時(52)=の妻寿子さん(60)=大槌町桜木町=が町役場を訪れた。

 平野町長は遺族に回答文書と関係資料を手渡した。文書は震災検証の説明状況や解体を進める方針のほか、犠牲者数や追悼式の内容を列記。遺族は回答内容を公の場で説明するようにも求めていたが、平野町長は「対応することは考えていない」とした。

 遺族2組から5日に申し入れを受けた平野町長は、犠牲になった全職員39人の死亡状況の調査を明言した。だが、職員らへの聞き取りの資料は廃棄されている。人志さんは「(旧庁舎という)現場を無くしてどう調べるのか」と追及。平野町長は「(現在作成中の)町の震災記録誌も含め、あらゆる面で調べる。遺族も私たちも納得できるものにする」と答えた。