花巻市の石鳥谷中央通り商店街振興会(柳原利浩会長)は1日、同市石鳥谷町好地の「小さな百貨店ぷらっと」で、県内外の高校生の開発商品を並べた販売会を開いた。手作りみそ、焼き菓子などの商品を数百円で販売、大半が午前中に売り切れる盛況ぶり。地元の花北青雲高生13人が店頭に立ち、商いの声を響かせた。

 「ぷらっと冬マルシェ」と銘打ち、花巻農、盛岡商、盛岡スコーレ、紫波総合、水沢商、大船渡東、宮古水産の各高校が開発・生産したジャム、どら焼き、シクラメン、ぶどう液などを販売。花北青雲生が考案したキャラクター「くもくま」のデザイン入りハンドタオルも並んだ。

 秋田市の企業と金足農、秋田商両校とがそれぞれ企画した洋生菓子、福岡県の高校の商品も販売した。