葛巻町の第三セクター岩手くずまきワイン(社長・鈴木重男町長)は1日夜、盛岡市内のホテルで第23回新酒まつりくずまきワインパーティーを開き、参加者が風味豊かな特産の味に酔いしれた。

 約560人が来場。鈴木町長は「今年もいい原料に恵まれ、ワンランク上のワインができた。楽しんでほしい」とあいさつした。

 今年収穫したブドウで仕込んだ新酒の「ほたる・白」や、他市町村と連携したワインなど約30銘柄を提供。参加者は食事に合わせてワインを選び、会話に花を咲かせた。乳製品などの特産品を販売した。

 同社によると、今年は夏場の降水量が少なかったため質が良く、フルーティーな味わいが楽しめる。