第98回全国高校ラグビー大会(27日~来年1月7日・花園)の組み合わせ抽選会が1日、大阪市内で行われ、3回戦までのカードが決定した。7大会ぶりにBシードに入った本県代表の黒沢尻工(4大会連続30度目)は30日の2回戦で高鍋(宮崎)-静岡聖光学院の勝者と対戦することが決まった。午後2時半試合開始予定。

 高鍋は8大会連続26度目の出場となる常連校。今春の選抜にも出場し、宮崎県予選決勝では都城工に58-5で圧勝した。全国大会で通算26勝を挙げ、昭和50年代には4強を最高にベスト8に3度進出。県勢とは2002年度の1回戦で盛岡工を24-12で下している。前回は初戦で国学院栃木に敗れた。

 静岡聖光学院は静岡県予選決勝で、浜松工に56-7と大勝して3大会ぶり5度目の全国切符をつかんだ。全国大会では14、15年度にいずれも倉吉北(鳥取)を大差で下して通算2勝を挙げ、2回戦進出が最高成績。今春の選抜には出場していない。

 黒沢尻工はどちらと当たっても初対決。初戦の2回戦を勝つと、花園通算40勝の大台に達する。