【東京支社】国際リニアコライダー(ILC)の国内誘致の意義を検討する日本学術会議は19日の幹事会で、文部科学省への回答案を審議する。幹事会で承認されれば、同日中に同省へ回答する方針だ。

 学術会議事務局によると、最終段階に当たる有識者の確認作業「査読」は18日に終了した。19日の幹事会で検討委の家泰弘委員長(日本学術振興会理事)が回答案について説明し、幹事会の構成員が審議する。承認が得られれば、家委員長が文科省研究振興局長へ回答書を提出する予定だ。

 検討委が11月に公表した文案は、ILCの主要な研究課題であるヒッグス粒子の精密測定に一定の意義を認めながら、「経費の国際分担の見通しがない」など複数の課題を厳しく指摘。誘致を求める研究者らは「事実誤認が多い」などとして修正を求めており、幹事会での審議が注目される。

 ILC誘致を巡り、日本政府に年内の意思表明を求めていた世界的な研究者組織・リニアコライダー国際推進委員会(LCB)が7日、最終期限を「来年3月7日とする」と表明。政府は学術会議の回答などを踏まえ、誘致について判断する見通しだ。