県議会盛岡選挙区(定数10)選出の千葉絢子氏(40)は、来年の県議選に再選を目指して無所属で出馬する意向を固めた。

 17日の後援会(藤沢達彦会長)役員会で表明し、承認された。千葉氏は「岩手の一番の課題である少子化に歯止めをかけたい。若い女性が県外に転出しなくても、十分生活できる産業や環境を岩手につくっていきたい」と決意を語った。後援会組織を強化し、市内全域で支持拡大を目指す。

 千葉氏は平泉町出身で慶応大卒。民放アナウンサーや記者を経て、2015年県議選に無所属で出馬し初当選した。県議会無所属会派いわて県民クラブに所属している。

 同選挙区で出馬の意向を明らかにしたのは9人目。