プロ野球西武からポスティングシステムによる米大リーグ移籍を目指す菊池雄星投手(27)が16日、ロサンゼルス入りした。交渉は米東部時間の来年1月2日午後5時(日本時間3日午前7時)が期限だが、自身が「一つのきっかけかな」と捉える渡米で一気に進展するかが注目される。

 複数球団による争奪戦が予想される中、敏腕代理人のスコット・ボラス氏とは頻繁に連絡を取り合ってきたが、正式なオファーはないという。渡米直前には改めて全球団OKの姿勢を示した上で、判断基準に家族の生活環境を含め「こだわりの部分がある」と語った。

 日本選手は「多くが西海岸を好む」(ジャイアンツ・ザイディ編成本部長)。今季もメジャー1年目の3選手、エンゼルスの大谷、ダイヤモンドバックスの平野、パドレスの牧田はいずれも西地区を選んだ。菊池にも早速、西のジャイアンツとマリナーズが関心を示している。

 年内に所属先が決まっても帰国は年明けの予定。滞在中はロサンゼルス近郊にあるボラス氏の事務所に近い施設で、メジャー公式球でのキャッチボールなどで調整する。花巻東高時代から憧れた最高峰の舞台に備えながら「まだ何も動いていないので、どうなるのかなという部分もある」と言い、いつでも交渉に同席できる構えだ。

(ロサンゼルス共同=松下裕一)