プロ野球楽天の銀次選手(普代村出身)ら3選手は16日、奥州市水沢佐倉河のホテル・プラザイン水沢で、ファンとの交流会を開いた。市内外からファン約600人が駆け付け、あこがれの選手と触れ合った。

 ホテルを運営するプラザ企画などが主催し、初めて開いた。

 銀次選手が登壇すると会場から歓声が上がった。実際にバットを握り「球は目で追い掛ける」と、打撃のこつを解説した。島内宏明選手と足立祐一選手も登場し、驚きと喜びの声に包まれた。3選手はキャッチボールを披露。チャリティーオークションなどで盛り上げた。

 銀次選手は「来季も活躍して岩手、東北を盛り上げたい。熱い試合を見せるのでぜひ仙台に遊びに来てほしい」と呼び掛けた。