雫石町長山岩手山の専用水道を管理する仙台市青葉区のイーテックジャパン(沼田信社長)が、利用者に9、10月の水源ポンプの電気料金を追加請求している問題で、住民らは16日、同地区のペンションで弁護士と対応を協議した。今後2カ月間の料金を東北電力に直接支払う第三者弁済を行うとともに、裁判外紛争解決手続き(ADR)などによる水道供給の継続を図る方針を確認した。

 住民やペンション経営者ら約20人が出席。吉田瑞彦弁護士(岩手弁護士会)が「イ社の『脅迫』がない状態での話し合いが必要だ」と第三者弁済を提案した。同社が住民に負担を求めた9、10月分の電気料約51万円ではなく、18日以降2カ月分の支払いを想定する。

 また、住民らはイ社がADRなどの協議に応じれば▽東北電力との契約内容▽水道運営規約の公開▽漏水原因の調査や修理―などを求める考えだ。

 住民らの代表は17日、東北電力岩手支店を訪れ第三者弁済の実施と電力供給継続を申し入れる。