【東京支社】プロ野球西武からポスティングシステムでメジャー移籍を目指す菊池雄星投手(27)=花巻東高=は16日、米大リーグ球団との移籍交渉に向けて渡米した。高校時代から抱いてきた夢に挑戦する左腕は「西武で9年間プレーして認めてもらったことであり、やっとの思いでというのもある。楽しみです」と心境を語った。

 菊池投手は成田空港で出発前に取材対応した。交渉期限は来年1月2日(日本時間1月3日)。複数球団が獲得に乗り出すとみられ、代理人のスコット・ボラス氏は菊池投手を交えて面談を予定する。

 交渉のポイントについて「自分のベストなパフォーマンスを出せることにこだわっていきたい」と説明。ボラス氏とは家族の生活環境やスタッフについて相談しており「どうなるか分からないことも多々あるが、全ての出来事やプロセスを楽しみながらポジティブに進めたい」と前を向いた。

 現地ではトレーニングを重視。キャッチボールも再開して来季に備える。