釜石市鈴子町の釜石駅周辺から同市魚河岸の市魚市場周辺までの県道4号釜石港線に約1・5キロの「ミッフィーストリート」(愛称)が完成し、15日にオープニング記念イベントが開かれた。ウサギのキャラクター「ミッフィー」をあしらった看板や歩道埋め込みサイン(プレート)などを設置。市民ら約200人が完成を祝い、地域の発展や東日本大震災からの復興を願った。

 サインなどは、同市大町の釜石情報交流センター内「ミッフィーカフェかまいし」までの距離や方向を示す。歩道埋め込みサインは18カ所に設置され、すべて絵柄が異なる。4カ所の交差点付近に看板を設け、カフェの外観にミッフィーのシルエットフィルムなども設置した。

 この日は同駅前で高さ1・24メートルのブック形サインの除幕式を実施。デザインを手掛けたトリプル(東京)の杤尾(とちお)直也代表の案内で、歩道に約180メートル間隔で埋め込まれた20センチ角のサインをたどり、カフェまでの約700メートルを進んだ。