文部科学省は14日、医学部医学科を置く全国81大学への緊急調査で岩手医大や、女子、浪人生を不利に扱っていた東京医科大、順天堂大など9校の不適切入試を認定する最終結果を公表した。聖マリアンナ医科大にも男子や現役生を優遇した疑いがあるとしたが、大学側が否定したため「不適切な可能性が高い」とした。同省が指摘したのは聖マリ大も含め10校に上った。

 医学部入試で不公平な合否判定がまん延していた実態が初めて明らかになった。来春の新入生を選ぶ入試は既に始まっており、受験生の混乱は避けられず、大学側の責任が問われるのは必至だ。

 柴山昌彦文科相は「大変遺憾だ」と批判し、2020年の入試に向け公平性確保のルールづくりに着手するとした。今後、不適切入試が認定された私立大への助成金減額も視野に検討を進める。