雫石町長山岩手山の専用水道を運営する仙台市青葉区のイーテックジャパン(沼田信社長)が、住民に水源ポンプの電気料金負担を求めている問題で、一部の住民有志が現時点での支払い拒否を決めた。「経営悪化を理由に料金を追加請求するのは不当」として同社に文書を送る。一方、水道継続のため「支払いやむなし」とする住民もおり、地域の混乱は続く。17日を支払い期限に設定した同社は住民や町の問い合わせに依然として応じていない。

 支払い拒否を決めたのは住民有志5人。近く同社に文書で通知する。14日は東北電力岩手支店に対し、弁護士を通じて文書で電力供給の継続と協議を申し入れた。イーテック社は17日までに9、10月の電気料金約51万円の支払いを求めているが、一部住民が拒否したことで、全額支払いは不可能となる。

 同社は8日の住民説明会で、追加支払いに応じなければ水道供給を止めると説明。議事録と同意書、請求書を各戸に送付するとしたが、14日時点では住民の元に届いていない。

 岩手日報社の取材に対し、イーテック社は14日も「お伝えできることは何もない」とし、住民や町にも同様の対応を続ける。