三陸鉄道(本社宮古市、中村一郎社長)は13日、来年3月23日に全線開通するリアス線(大船渡・盛―久慈間、163キロ)のダイヤを発表した。JR山田線から移管される釜石―宮古間(55・4キロ)では被災前より3本増の上下計23本を運行する。盛―久慈間の全区間直通は上り3本、下り2本で、所要時間は4時間21分~同38分となる。

 来年3月23日の釜石―宮古間は記念列車2往復のみで、ダイヤ改編に基づく正規運行は翌24日から。釜石―宮古間は普通列車上下各11本のほか、岩手船越(山田町)―宮古間で朝の通勤通学用に下り1本を運行し、利便性の向上を図る。

 宮古―久慈間は上下各12本(現在11本)。宮古―岩泉小本間では平日の仕事帰りなどの利用客を見込んで夜間に上下各1本を新設し、宮古発が午後9時24分(岩泉小本に同9時59分着)、岩泉小本発は同10時10分(宮古に同40分着)。盛―釜石間は上下各11本(現在10本)を運行する。

 直通列車は盛―久慈間のほか、生活圏を踏まえて盛―宮古間で上り2本、下り3本、釜石―久慈間で上り1本、下り2本を運行する。