北上市長の高橋敏彦氏(63)は11日の市議会本会議で、来年4月26日の任期満了に伴う市長選に3選を目指して出馬することを正式表明した。

 高橋氏は一般質問に答え「来年度以降も市政を担い、岩手の元気なまちづくりをけん引する市らしく、16地区の個性を生かし連携した協働のまちづくりに取り組む」と決意を述べた。

 公約に▽結婚、出産、子育てを支える環境整備▽地域産業振興▽都市プロモーション推進▽地域公共交通体系構築-などを掲げる。

 政党への支援要請は行わず、後援会(中村好雄会長)を軸に活動を進める。

 同市長選で出馬を表明したのは高橋氏が初めて。現時点で他に出馬の動きは表面化していない。