11日の県内は、高気圧に覆われて晴れや曇りとなった。朝は冷え込み、36観測地点中29地点で今季最低気温を記録。盛岡市内丸の岩手公園では、サンシュユの赤い実が陽光に照り輝き、歴史の重みをたたえる石垣に映えた。

 サンシュユは春に黄色い花を咲かせ、秋には真っ赤な実を付ける。主に観賞用だが、生薬や果実酒などにも使用される。

 盛岡市名須川町のパート赤崎由紀子さん(50)は「葉がある時よりきれい。寒々とした景色もいいですね」と冷気に頬を赤くして見入った。