花巻市台の旅館や飲食店などで組織する台温泉湯の里振興協同組合(松田忠代表理事)は7日、同市台のそば店や旅館で、美人講座を開いた。料理やヨガ、若返りの三つの講座に市内外から女性25人が参加し、心と体をリフレッシュ。2013年度から年1日限定で開き今回6回目で、温泉街の魅力を知ってもらい、集客につなげる企画として定着しつつある。

 料理教室はそば房かみやで開かれ、18人が参加。同店を経営するライズ(花巻市)の杉村圭一社長(60)を講師にコレステロール値を下げるレシチン、老化防止に効果的な大豆サポニンを含む豆腐のグラタンや、麺の代わりに糸こんにゃくを使ったカルボナーラを調理し味わった。

 美人講座は三つの講座で内容により1人当たり1講座の参加費が700~千円。参加者は毎年30人規模で、今回は料理教室をイタリアンとしたことで若い女性が増えたという。